体が重くてだるくて不調を感じて久しぶりに鍼灸治療院に出かけ、肝臓を押されると痛い。

「肝臓疲れてるね、糾励根ここに貼っておいたらいいよ」

糾励根とはこれの事↓
2種あるうちの小さい方のサイズ150gですが、湿布10枚以上は余裕で作れます。

久しぶりに糾励根を練って手作りの湿布を作りました。
これ貼ると貼った所が暫く燃えるように熱いのですが、それがひくとす~っと身体が軽くなります。貼った湿布はだんだん乾いてパリパリになります。悪い所があるほど乾きも早い。
熱いと感じるのは薬が熱くなるわけではなく、貼った個所の血行や血流がよくなるのだそうです。

生薬湿布「糾励根(きゅうれいこん)」とは

『糾励根』は大正末期に開発された湿布薬です。生薬(薬用植物)10種を原料とした粉末のシップ薬です。腰痛、神経痛、乳腺炎、リウマチ、肩こり、幅広く使える生薬の湿布薬です。風邪にも効果があるので、薬を飲まないで治したい妊婦さんや授乳期のお母さんにも人気があるそうです。 捻挫したところに貼っても痛みが和らぎますから、バレエで捻挫した時とかにも貼ってました。

写真にあるようにお腹、背中、肩、腰、様々なところへ貼る事が出来ます。

久しぶりに作りそれ写真におさめまてみましたのでご紹介しますね !

生薬湿布「糾励根(きゅうれいこん)」の作り方

写真は大匙3の粉に大匙3の水(Mサイズのシート6枚分ぐらい、作りすぎたのでラップして冷蔵庫に保管)、粉やダマがなくなるまで混ぜます。
子供やかぶれやすい人は半量を小麦粉にすると良いそうです。

練っていくうちにトローッとなります。独特のにおいと食べると苦みがあります。
割りばしとか、コンビニでもらうデザート用のプラスチックスプーンとかで十分ですが、
ここ最近は、ジャムナイフを使ってます。作った後に塗りやすいので。
余談ですが、このジャムナイフはフランス旅行中に購入した「フラゴナール」のもの。

粉の塊ががなくなったら完成です。

湿布用の専用シートは、S、M、Lの3種類

写真は、下がSサイズで上がMサイズ。Sサイズで綿棒の長さぐらいです。Mサイズだとマッキーペンぐらいの長さ。

肝臓とか胃とかだったらSとかMサイズのもので十分。
腰、背中であればLサイズが良いです。
足首周りの捻挫、喉とかだったらSサイズのもので十分。

糾励根(きゅうれいこん)をシートに伸ばしていきます。

厚めにもるとシートからじわじわ出てきて私は結構な頻度でかぶれます。何度か試すといい塩梅で作れるようになると思いますので自分の好みで調整してください。

以前はガーゼに塗って作ってましたが、テーピングで固定をするとそのテーピングの所がよくかぶれてしまうので、最近は専用シートを利用しています。専用シートの貼る所はテーピングと違ってかぶれません。
それと使用後のガーゼを都度洗う手間もなくて使い終わればそのまま捨てられてられるという楽さがあります。

購入はネットか漢方薬局

ネット通販か、漢方薬局なら取り扱いある所もあります。 都内ですと、漢方・漢方薬の「薬日本堂」での取り扱いがありました。

【第3類医薬品】複方糾励根 150g
糾励根(きゅうれいこん)シート M(10枚入り)
【第3類医薬品】【あす楽】〔栃本天海堂〕糾励根 150g〔外用塗布薬〕(きゅうれいこん)キュウレイコン 温湿布 シップ 神経痛 肩こり 肩凝り 肩コリ 解消グッズ 腰痛 塗り薬 痔 消炎鎮痛 リウマチ 株式会社霜鳥研究所 日本製 ハッカ 天然
〔栃本天海堂〕糾励根シート〔Mサイズ〕10枚入り(糾励根専用 貼付用シート)【ゆうパケット使えます】
error: Content is protected !!